人妻不倫旅行・特別篇 感想

2016年12月25日、人妻から届いた一通のメッセージ。
「私のこと、覚えていますか…?」
蘇る想いが紡がれ、時間は再び動き出す―。
八年ぶりの邂逅に人妻は何を想うのか…

こんな感じで始まる今回の不倫旅行は
八年前に旅をした人妻さんと二度目の旅に出る再会特別篇。
長く続いている不倫旅行シリーズの中でもビジュアル的(個人的感想)にかなり思い入れのある人妻さんなので
旅が始まるまでは気が気じゃなかった(笑)
高橋ブログに“12月の朝陽”というハンドルネームでコンタクトがあってから、
人妻さんとのやり取りの経緯を監督から事細かく聞いて一喜一憂して。
一日に何度もどうなったか確認してw
高橋監督にウザがられながらも撮影当日を迎えることが出来ました。
旅は無事に終わり、今回内容チェックという形で一足先に鑑賞致しました。

内容チェックを終え、この作品は
「人妻不倫旅行特別篇#85続~朝陽の中で~(予定)」として
2017年3月にリリースできそうなことをここで報告しておきます(笑)

前置きはこの辺までにして。
八年ぶりの“12月の朝陽さん”改め留美(仮名)さんは髪が短くなり柔らかい表情と優しい笑顔を湛える大人の魅力あふれる女性に。
昔あったクールビューティーのイメージは無くなり、温もりを感じさせる素敵な女性に変貌していました。
細身ながらも程よい肉付き、色白の肌、そして彼女自身の愛らしさ。
内容チェックシートに何回「可愛い!」と書いたか!(数えたら7回でした)

今回は感想文なので内容に関しては割愛しますが。
序盤の穏やかな雰囲気から一気に高まる情欲、一転してシリアスな現状の告白、それを乗り越えていこうとする女性の強さ。
みたいな人妻さんの人生が凝縮したような一泊二日で、これぞ不倫旅行といった印象。
楽しいままで終わらないところがなんとも不倫旅行的(笑)
笑顔も苦悩も快楽に酔う表情も全てが魅力的。
これが僕自身の思い入れの強さ故なのかどうかは是非とも皆様の目で確かめて欲しいところですw

翌朝、前日の悪天候から一転して快晴。
人妻の未来が明るいものであるという暗示のよう。
奇跡のような朝陽の中で悶える人妻さんの美しさは何とも形容し難い神々しさ。
この人と人生をやり直したいとまで思ったとか思わなかったとかw
このシリーズを続けてきて良かったと心から思いました。
作品を応援して頂いている全ての方々、今までご出演いただいた人妻さんたち、そして、高橋監督に感謝を!

なんだかアホっぽい文章になってしまいましたが。
この作品は間違いなく良作なので安心してご鑑賞ください(笑)

関連作品:C-2165 人妻不倫旅行 特別篇 #085続 ~朝陽の中で~

タグ:
2017/01/31 20:17 | Posted by
モバイルPC